So-net無料ブログ作成
検索選択

柔道事故・・柔道はどれぐらい危険なのか?? [ニュース]

また、犠牲者が出てしまいました。

福岡市立の中学校柔道の練習中に

1年生の女子生徒が強く頭を打ち
5日後に帰らぬ人となってしまった。

この事件で顧問などの責任も追求されそうです。

これで学校柔道での犠牲者は119人目となる。






スポンサーリンク













今回起きた柔道事故の内容





柔道の練習中に1年生の女子生徒が、

2年生の女子生徒に大外刈りをかけられた際に

頭部を強く打ち亡くなってしまった。

この事故は典型的な事故で、防ぐ事はできなかった

のか・・・

事故が起きたのは5月22日で27日に亡くなった。


主要部活動のなかでも1番死亡率がたかい

スポーツでここ近年は死亡事故0を目指していて

実際に2012~2014年度の3年間は無事故だった。

全日本柔道連盟が力を注いでいた事故0を

達成し続けていただけに、今回の事故は

かなりのダメージだそうです。




今回の事故が典型的と言われる理由



puffer-21.jpeg
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%94%E9%81%93
まず、亡くなってしまった女子生徒が

入部したての一年生。しかも入部して二ヶ月と

いう初心者に危険な技をかけていたという所。

まだ受け身の練習が必要だったんじゃないか・・

次に、大外刈りという技の危険性を

生徒に注意換気していない。

大外刈りという技が1番事故を起こしやすい

と言われています。


頭部外傷が特に注意が必要で、少しでも

頭痛やめまいがしたら練習ストップさせるのが

鉄則だが、今回はそのような処置がとられていたのか

が今後議論されそうです。

柔道は危険なスポーツだと再認識しました。

もう悲しいニュースは聞きたくありません。




スポンサーリンク






タグ:柔道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。