So-net無料ブログ作成

青函トンネル 車が通行できない訳は。 [交通]

今日のニュースで、午後5時15分ごろ、北海道と青森県を結ぶ青函トンネルで、 函館発新青森行き特急列車スーパー白鳥(6両編成)の乗客から「煙を見た」と乗員に通報があった。 と報じられましたね。

またトンネル事故かとビックリしました。

場所は青森側約1キロ地点。
すぐに停車させ、乗客116人を同駅に避難させた
とのことです。

原因については
JR北海道が早急に調べているみたいです。
db4cfe19-861a-4652-a075-e75e95064f18.jpg


http://www.obayashi.co.jp/works/work_H771


ちなみに青函トンネルは車での通行はできないみたいです。
関東より南の方は車で通行できると思っている方が
かなり多いみたいです(笑)
実は私もそうです(笑)


青函トンネルの通行料金は
というよりは
乗車料金ですね。
乗車料金のほうは
青森・函館間の特急乗車の場合

・普通車指定席乗車の場合:¥5,540 ・普通車自由席乗車の場合:¥4,830 ・ グリーン車乗車の場合:¥7,500となります。

各種割引期間などもあるみたいです!!

所要時間はおおよそ2時間前後のようです。
青函往復きっぷなどもあったみたいですが
販売を終了しているようです。


どうしても車で津軽海峡を越えたいのなら
フェリーしかないようです。



しかし、なぜ車の通行ができないのか。一番の課題は事故みたいです。
距離が54kmもありますので
事故の確率は自ずと高くなります。

もし、中間地点で車両火災でもあったら・・・
考えただけでもゾッとしますよね。


事故現場まで行くのも大変ですし
トンネル内の汚れた空気の処理も
考えたら、今のところ
まだまだ難しいみたいです。

近い将来、車で通行出来たらと
願っています!!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。